読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく噛んで食べる

主婦のブログです

セルフ腕枕が快適な厚み

ライジンが、親友であり上司でもあるシオさんと飲みに行ってきた。話題といえば来月に控えたシオさんの結婚式。

色々凝った演出を希望している反面、時間が無くてなかなか話が進まないらしい。

あと一ヶ月もないのに大変だねーどうするんだろーなんてのんきに返して気がついたが、先々月で結婚一周年が経っていた。



あれっ…なんか…祝ったっけ…?



もともと記念日云々に私が疎くて、ライジンの誕生日もギリギリ語呂で覚えてるくらいだから、まぁ分かってた結果ではあったけども…。

結婚式から一年経ったのかぁ〜。ついこの間の様に感じるのは、やはり準備が大変だったから感慨深いのかもしれん。



何が一番大変だったかって、私の贅肉落としだった。


仕事を辞めてしばらく欲望のままに生きていたら何のブレーキも無く快調に太った。もともと痩せている訳でもなくどちらかと言うと骨太でガタイが良かったのだけど、ドレスの試着をした時にライジンが「和装にしようか?」と気を遣ったぐらいは太った(着物の方が似合うからだよ!とフォローしてくれたがデブは着物が似合うので絶妙にフォローになってない)


一生に一度の大舞台だし、ゴールがある分頑張れる!!と、本気でダイエット。

ウエストや顔も大事だけど、とにかくヤバイのは二の腕だ。華奢になるのは無理でもプルプル二の腕は何としてでも!ライジンが(無駄に)ホッソリしているから、横に並んでも恥ずかしくないくらいには…!

色々なダイエット・ストレッチをネットで調べ漁り、プルプル二の腕はとにかく筋肉がないから!重力に負けているからだ!という素人知識で結論に達し、とりあえず毎日毎日腕立て伏せをしてみた。



素晴らしい成果を上げ

信じられないくらいの力こぶが出来るようになった。



北斗神拳の使い手じゃないと不自然なくらいの肩幅。

この時点で結婚式まで二ヶ月を切っていた。

ライジンがごぼうに見える。ごぼうは世紀末救世主の私に正直引いてる。



どうしてこうなった…!と膝から崩れ落ちた(どんなポーズをしても肩はバッキバキである)

来賓者に配るプロフィールに「レスリング部」って嘘つくしかない、それしかない。こんな所に筋肉ってあるんだなぁと勉強になるアスリートの様な上半身。




今でも写真を見ると、綺麗なドレスより可憐なブーケより、立派な肩筋が目に入る。ブーケトスとか、レシーブじゃん。

あー、準備、大変だったなぁ…。



今ではすっかり筋肉は廃れ、プルプルが倍になって鎮座しておる。

兵どもが夢の跡。