よく噛んで食べる

主婦のブログです

ツイッター始めました!

そして5分でアンインストールしました。

ひとつもなくて、話題が。

 

あるにはあるんだけど、10月からたばこ税があがりますってポスターをたまご税と勘違いして会社の人達に

たまご税上がるらしいッス、たまご税上がるから買い溜めできるらしいッスと言いふらした事くらい。

たまごに税はないよって冷静につっこまれて気付いたよね、ホンマや!つってね。

待って危なくない?これ私ツイッターで呟いてたら世界中の人にアホ晒してた事になるよね?フゥーッあっぶね〜!やってなくて良かったツイッター!賢ーい!(賢くはない)

 

なんで急に始めようかなって思ったかというと。

ツイッターって、綺麗な景色撮ったり、ご飯見せたり、お洋服見せたり、人生に彩りある人がやるもんだと思ってたんだけどさ。

それは実は逆で、みんなからイイネをしてもらいたい為にお金貯めて旅行行ったり、本当は昼まで寝てたいけど早起きして行列並んで話題のランチを食べたり、綺麗な服を着たいからダイエットしたり、イイネが原動力になって頑張れるから人生に彩りが出るのかもって思ったの。

なにそれ素敵やん?あいつらみんな頑張ってるやん?その背中、追わせてくれよ!って。

ダウンロードポチーつって。さーやるぞなんて腕まくりして、スタート切る話題考えて、消したよね。

無理だった、たまご税じゃ。全然スタートラインまたげない。

 

 

あ、私道民なんですけど。

安田顕さんと吉沢亮くんのチョコのCM、照れちゃってつらい。

同じ気持ちの人いっぱい居ると思うけど、ヤスケンが恋のお相手っていうのがなんとも…甘いもの対決列島が好き過ぎて何回も見ちゃってたから、ポンコツリバース安田顕しかイメージなないので、カッコいい安田顕が直視出来ないよね。あとハッスルマッスルブギ(全然関係ないけどシゲと亜樹ちゃんのキスシーンのメイキングでシゲがこれは仕事これは仕事、俺はこれで家賃と光熱費を払っているって呪文のように唱えてたのが非常に印象的で私の座右の銘にしようかと思うくらい何か心に刺さりました)

ヤスケンは直視出来ないし、特別タイプなわけじゃないけど吉沢亮くんは可愛くて撫でくりまわしたい婆心だし。見れない、でも好き。

 

そんな感じで!今日も一日バチボコ無駄にしました!やったー!爪でもかーじろ!

 

下書きはパンドラ

書いては飽きてボツにした日記の中に寂しい話があっのでせっかくだからアップすることにした。もう丸々一年前の話。

 

 

 

短期の会社ももう終わり、というわけで送別会的な飲み会をしてもらった。

隅っこの席で寿司食べたり中華食べたりしてたら、パートさん達は今までどんな仕事してたのー?っていう話になった。

仕事バリバリAさんは「人材派遣会社で登録者の適性検査を担当したり、面接官補佐などをしてました」とバリバリ最強なキャリアを披露。

二児の母Bさんは「多少ブランクがあって不安でしたけど、少しずつ感覚取り戻せて良かった〜」と誰もが認める素早い電卓捌きの元経理

 

んでね、このままなら私の番もくるわけじゃん。

えーやべぇ、なんか話せるような仕事したかな…と悶々と考えてたら、

からし(私)さんは入社日間違えたよね」と上司が全然違う話題をふってきた。

(私のキャリア話は?まあ語れる様なの無いからいいか)なんて思いながらそういやソッスネ〜って返事した。

「今だから言うけど、からしさんって、社内で一か八かの人って呼ばれて有名だったんだよ〜」

 

 

 

嘘でしょ?

 

 

 

 

会社は水曜と伝えてたんだけど、あれ?火曜だっけ?水曜だっけ?と失念して、とりあえず火曜に行ってみたんだった。

受付のおばさんに「あのぉ、今日入社日だったかな〜と思って一か八かで来てみました」って馬鹿正直に言った。

 

その受付のおばさんが比較的偉い立場のおばさんだったらしく、つーか他部署の課長だったらしく、人手が足りなくてたまったま受付やってた時に、アホが来た。

一か八かで入社してくるアホが来た。

やってるー?ってなノリで暖簾めくりながらアホが来たわけ。

 

ああ、あのすんごい顔して「ハ?」って返事してくれたの課長様だったんすね…(返事じゃない)

 

課長がそのまま他の人に「今日一か八かで入社してきた人がいた」と話して、誰だ誰だと密かに話題にあがって、うちの上司が「一か八かの人元気?」と話を振られて発覚したそうな。

 

 

 

恥ずかしいの権化かよ。 

 

 

 

キャリアのAさん、実力のBさん、そして一か八かのからしさん。

スケさんカクさんうっかり八兵衛かよ。

 

最初は短期嫌だったけど、これを知ってから本当に短期で良かったなぁと思いました。

短期の恥はかき捨て、ってね☆(ウィンク)(吐きそう)

 

驚異の11連休予定ゼロ

お久しぶりーふ!からしです。

未だにお久しぶり系のギャグで有名なのってコレしかなくない?

 

昨年勤めた短期のところはサクッと契約終了して、いまは近所の会社の事務補助としてパートしてます。

事務補助のはずなのに激務で、扶養超えそうで、夏暇だからつってまさかのお盆11連休貰った。そして11日間見事に予定なかった。いやギリ前の会社の先輩の赤ちゃん見に行ったりとか、突発的なイベント起きて彩りは多少あるわ。ただ真っ白だよね顔は。バカンスでも行けそうな日数貰ったのにほぼ家でHulu見てて、真っ白よ。なんなら真っ青。

 

毎日地味〜に過ごして、大したエピソードもなくて、日記書いてなかった。これまで何があったかざっくりあげると

・親友のリサ結婚。結婚式で友人スピーチして号泣。号泣してるのを下アングルからカメラで撮られる。とんでもないデブがエンドロールで流される。

・友人が婚約。めでたい、めでたいがすげー浮かれポンチ化して、深夜まで結婚式の構想を相談され、呼ぶ人を相談され、挙句デキ婚であることを式で発表し、からしも早く子供作りなよなどと上から目線でポンチする。

・父の上の歯が全部取れて総入れ歯にする。

・雨が多くて髪の毛がチリチリだったから美容室に行って縮毛してもらう。毎日トリートメントして、洗い流さないエッセンスみたいなのもしてるのに、美容師さんにもっと髪の毛を大切にしてください!って言われる。大切にしてこれです。

・年々辛い物が受け付けなくなってきた気がする。好物なのに胃が拒否する。この間腹を壊して夜中1時から朝方5時までトイレにこもっていた。

・新しく入った社員さんが、想像以上にポンコツで全員持て余している。どうにかしないとあいつやべえ。

・ということを皆薄々感じ、結構強めに怒られたりしてる。私にだけ彼は愚痴るので、なんか優しくしてあげないとダメなポジションになってる。

・ライジンは相変わらずゴボウのように細い。

 

悲しい出来事ってどうして忘れられないのでしょうね。

連休無駄に夜更かしして、案の定寝れないっていうね。

あーあ、剛力彩芽になりてえなあ。

参ります、丁か半か!んーっ、どっちも!

私が力士だったらね、毎回押し出しで負けてると思う。

とうとう新聞勧誘に押し出されて契約しちゃったよね。ちゃんというと勧誘のお兄さんが足でドアホールドしちゃったから、私は一歩も出てないんだけどね外に。

いやー、参ったよ。ほんと、全部私が悪いんだけどさあ。

 

まず遡ること二ヶ月前。

チラシが入ってたのよ、近々公演される劇のペアチケットが抽選で当たる!それかホテルの食事だ!泣いて喜べ貧乏人!って内容のチラシが。

どこに出しても恥ずかしくない立派な貧乏人の私はホイサッサとチラシについてたハガキ書いて出した。こーゆーの当たった試しねえけど、まぁ運試しだーと。

 

そんなのに応募したのもすっかり忘れた一昨日、全身黒ずくめの男の人がピンポンしてきた。

郵便屋さんでもヤマト佐川さんでもない風貌の男に恐れ慄いた惰弱な私は居留守した。お前みたいな人間がいるから配達人は大変なんだと後に姉に怒られたが、ドアホンに出る勇気もなかった。あとパジャマだった。

 

2回ほどピンポンしたあと車に戻ったのをカーテンの隙間から確認し、ふぅ…撒いたか…手強かったぜ…とニヒルに笑ってたら携帯に着信があった。

タイミング的に絶対さっきの黒ずくめ。

こいつ、私の携帯番号を知ってるだと…!?只者じゃねえ…こいつを引っ張れば…あの人まで辿り着ける…!おい、今すぐ赤井を呼んで来い!!!(たったいまウィキペディアで読んだコナンの知識を適当に並べています)

 

観念して出て見ると、すごく軽快な声で「あのぉー!劇のチケット応募されましたよねぇー!あれ当たりましてー!その事務局の者っすー!」と言った。

マジ?当たったの?事務局ってなんの?と思いながらドアを開けて話を聞くと、なんか、そのまま、チケットをあげるから新聞を取りましょうよ!という話になった。どうやら私は新聞社が提供しているキャンペーンに応募したらしいのだ。

そして冒頭の押し出しの話になる。

 

もーね、全然帰んないの。あとね厳密に言うとチケットは当たってないの、副賞みたいなダサいポストカードが当たったの。でもねお客さん!マジ!ツイてるぅ!フゥワッ!みたいなテンションで話進めてくる。チケットあげちゃうから!新聞も取っちゃお?やっちゃお?って。

それもう最初から出来レースで応募した奴の家に事務局と嘘こいて訪問してチケットあげちゃう実は優しい新聞勧誘でしたテッテレー!ドッキリ大成功ー!の流れじゃん!と頭の中では分かっていても、全然断れない。グイッグイ来られた押されちゃうの。

いやー旦那帰って来ないとナントモ〜…と濁しても、じゃあ僕待ってますよ大丈夫です!の一点張り。いやべつに待ってもらうの申し訳ないから言ってんじゃねーよ?

結果半年契約しちゃった…。帰ってきたライジンに話したら、まず自分が何に応募したのかちゃんとよく読みなさいと軽く怒られつつ、新聞取るのは悪い事ではないし、チケット代と購読料が同じくらいなら良いじゃん。軽く読んで社会情勢を勉強してみたら?とのこと。

そーね…前向きに、前向きに…とりあえず新聞屋さんは必死で、そしてとっても営業が上手いことを勉強した。

 

話は変わって、前向きに、とは言いつつ、自分の押しの弱さに心の底からガッカリした私は気分転換に髪を切ることにした。

昨年美容室を変えて、今回で2回目。そこの美容室は鏡の横に小型テレビを置いてて、ずっと洋画が流れている。音は聞こえないけど字幕が出るので待ってる間もお客さんが楽しめるようになってる。

前回初めて行った時そんなサービスがあるとは勿論知らず眼鏡で行き、お姉さんが見せてくれる雑誌も、ドリンクメニューも、そしてせっかくの映画も見れなかった(アンハサウェイとデニーロのマイインターンやってた!超見たかった)

歯がゆい思いはもうしないぞ!と意気込んでコンタクトで行った。ちょっと混んでるのでソファーで待ってたら、そこではシュレックがやってた。今日はこれか。シュレック懐かしいなー!コンタクトつけてきて良かった!

前回とは違うお姉さんだったけど、美容室のお姉さんはみんなオシャレで美人で住む世界がまるで違う。

席に通されて、さーてシュレックの続き続き、と目をテレビに向けたら、人間の首にかぶりつく血塗れのシュレックが。

 

シュレーーーーック!!?!?!

 

よく見たらゾンビだった。待合ソファーの所でやってる映画と私の席の横でやってる映画が違うものだった。

最悪だ、私はゾンビが大嫌いだ。

しかもウーアー言って覚束ない足取りでこっちに来るタイプのゾンビじゃねえ、機動力抜群のゾンビ映画だった。人がしぬしぬゾンビもしぬしぬ。もう見てられないくらいのパニック映画。

変えてくれ、シュレックに変えてくれ!と言おうと思ったけど、隣の席のお兄さん、めっちゃ真剣に見てる。私と彼の間にあるテレビに釘付け。言えない、後から座った奴がチャンネル変えてくれなんて言えない。

笑顔のお姉さんが今日はどうします?っと聞いてきてる間にも視界の端で人がどんどん喰われてる、滲み出る嫌な汗を拭い目を泳がせながら私は「とにかくちょっぱやで短くしてくれさい!!!」とだけ答えた。

 

そしたらまあプロは要望通りにしましたよ。

なんかね、猿みたいなのが、今この日記、書いてるよ。

そんな猿は今日、社内で自分が「一か八かの人」と呼ばれているということを知ったよ。

出社日を失念して一日早く来て見て、間違ってたからのそのそ帰ってったのが、受付からみんなに伝わったらしい。なんか一か八かで入社して来た奴いるぞって。

なんにも考えないで応募したら新聞取っちゃうし、考えてコンタクトしてったらトラウマもんの映画に出会っちゃうし。

一でも八でもあんまり良いことねぇわ。

そんな私の近況でございました。

 

みらいはぼくらのてのなかー

カイジの鉄骨渡りの歩き方でライジンの周りウロついたけどガン無視された。分からない人はこりゃめでてーな伊藤さんを見てね。

 

22日は私の誕生日だったのですが、まあそんなことはどうでも良くて、とにかく忙しい日だった。

まずその日ついてくれた上司の人が、すげーふわっとしてた、知識が。

「なんかね、社外用の資料?をコピーして、ファイリングをして欲しいんだけどね、えっと、原本がこれで原本を社外…いや原本はうちの控え?になるから違うんだよね、これコピーしてね穴開けてね、あ、これは開けなくていいけど、あ、でも開けるかな?この書類はお客のサイン入ってるから一部しかないから、無くさないで、あ、コピーしていいのかな?コピーはいいかも。でも主任の押印もらってるやつはコピーしたらね、白黒になるからね、コピーしないで印刷してね、押印もらって…あ、それはまた違うやつかも、でもねファイリングするよ」

つってね。

とりあえず何かしら穴開けて何かしらファイリングするっていうのは理解した。

 

上司もその更に上司に丸投げされてるらしく、全貌が明らかにならないまま私に流すもんだから、言われるままだった。

でもまぁコピーして穴開けてファイリングならさっさと終わるだろと思ってたら六法全書みたいな分厚さのものを2冊作るようだった。

どこに持ってく気だよ!鈍器じゃん!

 

この仕事が私の血となり肉となり光熱費になると思って一生懸命やったよ。

1、2、3…とナンバー順に並べてファイリングしてたら、ごめんABCの資料が先頭に来るって追加され。

A、B、C…1、2、3…と並べてたら、ごめん1、A、2、Bの順っぽいと言われ。

その通りに並べてたら、ごめんそれ内容間違えてるっぽいから差し替えでと言われ。

なんつーか、これ紙じゃなきゃダメっすか?って言いかけた。せめてPDFとかダメっすか?って。

でも言えないよね…上司が上司に言えないんだから…。上司もこれが血となり肉となり車のローンになるんだから…。

ヒーヒー言いながら5時間抜いては差し替え抜いては差し替えを繰り返して六法全書が完成。

忙しいと膀胱も空気読むんだね!全然トイレ行きたくならなかったよ、まっきっきだったけど。

これオナシャス!と上司に差し出し、清々しく帰宅。いやー仕事した。これがやり甲斐!晩ご飯は焼肉にして、仕事が本当に肉となった。

 

そんで今日、いや日付変わって昨日の23日。

おざーすと挨拶しながら出社したら、上司が震えながら六法全書を私に差し出す。

「ごめん、全部コピー取り直せる…?」

なぜだぜ?と六法全書を見たら、なんか、赤い。表紙と側面に赤茶色が。

「指をね、紙でやっちまってね、血がいっぱい出てね、染まっ…」

上司ーーー!!!!!!

後半申し訳なさで声出なくなっちゃってる。

仕事が本当に血となっちゃったらしい。

必死に謝ってくるけど、どっちかというと出血量が気になるぐらい赤茶色に染まってる。マジで凶器じゃねーか。

 

一日中コピーしては穴を開けを繰り返した。タイムリープかな?これつい最近やったなこれ。いやいや、何事も初心に返って、丁寧に!

デスクから上司がペコペコ頭を下げながら近づいて来る。良いんだよ良いんだよ、上司は早く指を治してね…。

 

「ごめん、これ追加…」

 

時よ、進め!!!!!

節分は一切関係なし

同じ部署だけど喋ったことない人が辞めた。

なんかよく分からんがラッパーになるらしい。退職理由は「月明かりが道を照らすから」らしい。

辞め方の癖が強い。

 

かれこれ5年ほど利用してるスーパーに行ったら閉店してました。

ん???ん??ここ?場所あってる?ここ?ってなったよ。びっくりよ。いきなりだよ。

ここ最近周辺のお店がどんどん閉店してる。徒歩3分にあったそば屋さんも、居酒屋も、店主が入り口で仁王立ちしてる八百屋も…。何か巨大な力がバッタバッタとお店を倒してるのか?確かに仁王立ちしてたらクソ入りづらいけど、何も閉店に追い込むことないだろ!やり過ぎだろ!(まぁその八百屋は利用したことなかったけど!)

とにかくスーパーどうしよう。ちょっぴり遠くなるなぁ〜。それか置いてあるものがちょっと高級な量販店しかないよ。ブルーチーズとワインを買うザマス、みたいなマダメスト達(マダムの最上級)が利用するっぽいところ。いらねえっす、ブルーチーズもワインも珍しい魚も稀少な部位もいらねえっす。カチカチに凍ったクズ肉下さい…ポン酢で食べれば大体一緒だから大丈夫です…。

 

あー、短期のお仕事も来月で終わりだ。ひとっつもエクセル得意にならないまま終わりそう。ポン酢でも食えねえクズ贅肉は私のことです。

紅しか覚えてないよね、紅白

あけましておめでとうございます。

 

特記すべきことのない正月を過ごした。餅を二個食べた。

 

昨年は就活でバタバタして、気持ちも不安定で全然自分の意思とか目標がなかったから、2017年は頑張っちゃうぞ!なんて思いながらおみくじ引いたら

「自分で考えてもロクなことないのでとにかく流れに身を任せろ」と書いてた。

 

この神社はブルースリーの神社なの?

意気込んで早々Don't think.Feel.言われるとは思わなかったよ。

 

とりあえず流れに身を任せて今年も変わらずそれなりにやっていこうと思う。

顎に触ると痛いでっけーニキビ出来たけど、考えない、感じる。